ブログトップ

~K~ embroidery studio

神奈川県鎌倉市で白糸刺繍教室を開催しています いろいろな刺しゅうを楽しむ日々を綴っています


by cat paw
プロフィールを見る
画像一覧

小さなプントアンティコ

先日から取り組んでいたプントアンティコ イタリア製の目の細かい布を使っています

いくつかの小さなモチーフができたので

それぞれシザーズキーパーなどに仕立ててみました
f0267943_15404286.jpg

少し大きなモチーフはビスコーニュ型のピンクッションに ♪
f0267943_15395662.jpg

ビスコーニュにすると裏側の四隅が見えるのでそこにも小さなステッチを入れてます
f0267943_15385681.jpg

カルトナージュのお教室で作ったリボントレーの中に集合060.gif

しばらくこのまま飾っておきたいと思います 016.gif
f0267943_15371254.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://catstich.exblog.jp/tb/19913646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by PASSO at 2013-06-28 21:33 x
不慣れなので大丈夫かしら???っと思いつつ初コメです。

うわぁ~すごい~!!またまた新作ですね。
かわいいですねぇ~♪
プントアンティコは憧れです。私もいつか・・・やってみたいです。
実は未完成のまま放置されたものがひとつあり・・・汗、汗
Commented by catpawc at 2013-06-29 09:16
PASSOさん どうもありがとうございます!
私こそ お返事もヒヤヒヤです。。。(^_^;)

イタリアお好きなんですもんね♪
プントアンティコも経験済みなんですね!
私がやったのは小さなモチーフですが目も細かいし本も洋書しかないので
知っている単語と数字と写真で推理しながら刺しました( ´艸`)
ドロンワークとは抜いた糸の始末の仕方が違うんですよ
そこが慣れずに大変だったわぁ。。。
疲れたらハンガリー刺繍のカラフルさで癒されまた取り組む。。。の連続でした
プントアンティコによく出てくるちっちゃいバリオン かわいいですね(*^_^*) 
Commented by miyabiflower at 2013-07-01 11:38
こんにちは
とても細かな作業のようですね。
プントアンティコというのも、ビスコーニュという形も初めて知りましたが素敵ですね。
糸や生地の色が変わると雰囲気がずいぶん変わりそうですね。
フォローをありがとうございます。
こちらからもフォローさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。
Commented by catpawc at 2013-07-01 19:04
miyabiflowerさん コメントありがとうございます(^O^)♪
まだブログに慣れず試行錯誤ですがmiyabiflowerさんの素敵なお花や手仕事の更新が見られるようになってうれしいです^^
プントアンティコはイタリアの古い手法なのですがいろいろな手法の基礎になっているそうです
ほんと布目も細かく糸も細いので苦心しました(^_^;)
ビスコーニュは表布と裏布を半辺ずらしてまつるだけで面白い形になって形もぷっくりかわいいですね♪
こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いします!
Commented by iris304 at 2013-07-10 22:12
こんばんは

はじめまして・・・・・・・♪  ♪

可愛らしいピンクッションが出来ましたね。
ビスコーニュ 、プントアンティコというのは
どう言う意味なのでしょうか?
 ↑ ↑ ↑ の どんぐりもとっても可愛いですね。
次回も 素敵な作品楽しみにしています。

よろしくお願い致します。m(_ _)m
Commented by catpawc at 2013-07-11 17:54
irisさん こんばんわ♪ コメントありがとうございます!(^O^)
まずプントアンティコというのはイタリア語で直訳すると古い刺しゅうということだと思います
ドロンワークなど糸を抜く刺繍の元となったものだそうです。
ビスコーニュというのはピンクッションの形の一種で表布と裏布を縫い合わせるときに
半辺ずつずらして行くと↑のピンクの形になります
どんぐりはスタンプワーク(立体刺繍)という手法です
刺しゅうはたくさんの手法があって奥が深く楽しいです♪
そんなところが大好きです❤
こちらこそよろしくお願いします )^o^(
by catpawc | 2013-06-28 15:51 | プントアンティコ antico | Trackback | Comments(6)